トップ写真>第4回


第4回

月・その1
041017moon01.jpg

2004/10/17・東京都内。
月齢3.2の月を撮影。
前日から秋雨前線の雲が晴れて空が澄んでおり、この日も美しい夕焼けでした。そこで望遠鏡は使わずにデジカメのズーム機能(3倍)のみで撮影し、640*480に縮小しました。
夕焼け空に浮かぶ三日月は望遠鏡がなくても撮影を楽しめます。
周りにある風景をどこまで切り取るかという構図選択の幅が広く、望遠鏡で撮影するのとはまた違った楽しさがあります。

月・その2
041017moon02.jpg

2004/10/17・東京都内。
月齢3.3の月をコリメート法で撮影。
(上の写真と同じ日ですが時間が少し経っているため月齢が進んでいます。) 望遠鏡の倍率は28倍、デジカメは画像サイズ2288px*1712pxで撮影。画像加工ソフト“GIMP”で縮小(作業に夢中になり倍率は失念(冷汗))した後キャンバスサイズを640*480に変更、トリミング。その後、不鮮明な画像にシャープフィルターを掛けました。

月・その3
041017moon03.jpg

2004/10/17・東京都内。
月齢3.3の月をコリメート法で撮影。
望遠鏡の倍率は28倍、デジカメは画像サイズ2288px*1712pxで撮影。画像加工ソフト“GIMP”で縮小(これも倍率は失念)した後キャンバスサイズを640*480に変更、トリミング。その後、不鮮明な画像にシャープフィルターを掛けました。
上の写真と同じ月ですが、この写真では、輝く地球に照らされた月の暗い部分が見える「地球照」が写っています。露光時間を長くすることで肉眼で見るのとはまた違った表情を見せてくれています。
地球から見る月が新月に近い時には、逆に月からは明るく輝く地球を見ることができます(下図参照)。
041017moonCG.png
地球から見ると月と同じ方角から太陽の光が差し、(…1)、月は夜の部分を地球に向けています(…2)。逆に地球は月に明るい面を向けています(…3)。

Valid HTML 4.01!

count